強盗利得罪(刑法236条2項)のまとめ

一 意義
  :暴行・脅迫をもって
   財産上不法な利益を得、
   or他人にこれを得させることを内容とする犯罪 

二 保護法益  

 →本権(財産上の利益)および民事法上一応適法とみられる利益

三 客体 「財産上の利益」

四 行為
  「暴行or脅迫を用いて」財産上の利益を
  「不法」に「得」or
  「他人にこれを得させた」こと
   (論点)
     @ 不法な原因に基づく債務を免責させた場合   
     A 被害者の処分行為は必要か          
     B 騙取した財物について代金支払を免れるために、
       被害者に暴行・脅迫を加えて反抗不能にした場合






トニーブサン公認マインドマップ資格試験勉強法








posted by 一徹 at 10:56 | Comment(0) | 刑法各論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。